%e8%b5%b000875

みつです。

愛犬家にとって、犬と飼い主である自分との信頼関係が結べているかどうか気になりますよね?

私自身、愛するミックス犬やミニチュア・ピンシャーとの関係性が毎日気になってます!


私は良い飼い主?悪い飼い主?

例えばトレーニングをみっちり行った日、シャンプーをした日、散歩に行くのが遅くなってしまった日。

あるいは雨で、外に出してあげるのが難しい日。



こんな日の私は、愛犬にとって嫌な飼い主になってると思います。


実際、いつもより吠えられたり唸られたり不機嫌モード前回のアピールをされます。




けれどサークルから出して我慢させてしまった分いつもより愛情を込めて遊んでみると、うっぷん溜まってるから興奮はしてるけど意外と普通に接してくれる。

そして餌を与える頃には、いつも通りの愛犬に戻ってます。



しかも、背中を預けてきたりなんかしちゃって甘えてきます。

顔を舐めてくるのも、犬あるあるですね。


犬の行動でわかる、飼い主への信頼とは

私が思う、愛犬が見せる飼い主への信頼度を示す行動は

・背中を預ける
・身体(手や顔)を舐める
・寝転がってお腹を見せる



この3つが定番!

 関連記事→信頼関係、犬が背中をくっつけてくる理由


犬は、信用している相手に背中を預ける習性があります。

お腹を見せてくるのもまた、不信感緊張感のある相手にはさらけ出しません。


理由は、どちらも自分の弱点だからです。



背中は自分の死角。

お腹は、いわゆる戦で白旗を挙げるようなもの。


「私はあなたに危害を加えるつもりはありません、どうぞお好きになさって。」

そして飼い犬にとっては、「構ってください」的な意味合いも兼ねてます。

また身体、主に顔を舐めてくる行動には、愛情表現の意味があります。




つまり、



・やたら背中を預けてくる。

・重たいくらいにもたれかかってくる。

・お腹アピールがすごい。

・キラキラした瞳で顔を近づけてくる。

・猛烈に顔を舐めてくる。

・愛犬の頭を撫でてたはずが自分の手をホールドされる。(ヨダレまみれになって返ってくる)



愛犬のこういった行動は飼い主さんに対する絶対的な安心感や愛情からくるもので、この裏には



‟俺の背中はアンタに預けた!”

‟宇宙で一番、大好き”



っていう気持ちがこもっています♪



野生動物の場合、背中は弱点・・・敵に見せればにつながります。

よほど安心していない限り、弱点をさらけ出す行為はしません。


また、顔舐めも、いきなり舐めてくる・・・というよりは、じりじりと近づいてきて、こちらの様子をうかがいつつのペロペロ舐め始めるっていうのがよくあるパターン化と思います。

自分の愛犬の行動、思い出してみてください!



一瞬、自分の顔をガン見していませんか?????



こんなふうに!
ラン081

このまま見つめ合った結果、冒頭のお写真ですww

%e8%b5%b000875

犬の世界では変顔しても対応は変わらないようです(*´ω`*)

%e8%b5%b000873

まとめ

さて、あなたのお宅の愛犬はどんな行動を見せてくれますか?



それか1つでも当てはまっていたら、少なくとも愛犬から嫌われてはいないので安心してください♪

全てに当てはまる方は、申し分ないほどに愛犬から慕われていること間違いなしです!!!


そしてさらに欲を言うなら、その愛情と信頼感をもって一段上のトレーニングに挑戦してみるのもアリです!



トレーニング(しつけ)は、飼い主との信頼関係がなければ成立しません。

飼い主さんにとっては自分のステータスにも繋がりますから、挑戦してみる価値はありますよ♪


甘やかすことだけが愛情ではないってのは、人間の世界も同じですねw



というわけで、犬と飼い主との信頼関係に関するお話でした!



ではまた!



みつ