犬196

みつです。
今日は2頭の愛犬たちと、久しぶりに長距離のお散歩へ行ってきました。

―運動好きな犬種に必要な運動量とは―

我が家で飼っている犬は、ミックス犬(トイ・プードル×パピヨン)とミニチュア・ピンシャーの男の子たち。

どちらも小型犬なので、一般的には運動量はそんなに必要ないと思われがちです。
けれど、どちらの犬種も運動が大好き!!

1日のほとんどを室内で過ごすので、お外に出られる散歩の時間は彼らにとって至福の時なのです。

とくにミニチュア・ピンシャーは身体のサイズの割に、かなりの運動量が必要と言われる犬種です。
ミックス犬も両親の犬種で考えると運動量は30分のお散歩を1日に1~2回と平均並ですが、犬の性格によっては物足りなさを感じる子もいて、うちの子は運動好きな方なのです。

そうなると、1回あたりの散歩にかける時間を増やす、散歩とは別に運動する時間を作る、といった飼い主さんの努力が必要となります。

具体的には、
・散歩の時間30分を1時間に延長する。
・ボールを投げて取ってこさせるなど、運動になる遊びを増やす
・犬に全力ダッシュできる時間を与える。

といった努力をしてあげると、愛犬も満足できると思います!


―毎日じゃなくて良い―

自慢じゃないけれど、我が家の散歩は1回あたり15分くらいの近所を一周する程度です。
雨じゃない限り、1日2回行くようにはしていますが、それでも時間的には短過ぎるくらい・・・

強いて言うなら、散歩の途中で全力ダッシュを取り入れてるくらいでしょうか。
それさえもなかったら、ほんとに物足りないお散歩になってしまいます。

普段がこんな飼い主なので、家事や仕事が落ち着いて時間に余裕があるときには長距離のお散歩へ連れて行ってあげるようにしています。

ドッグランへ行くのもアリですが、家事の合間など好きな時間に連れて行けて、お金をかけずに運動させることが出来る利点から、もっぱら長距離のお散歩を選択することの多い我が家ですw


―久しぶりの長距離お散歩―

ちなみに今日は、犬のペースで歩いて10分程度で辿り着ける近所の田んぼ沿いの道を歩いてきました。
車が少なくのんびり歩ける道を選べるのは、田舎の特権ですww

犬202

ついでにお気に入りのドーナツのオモチャを持って、田んぼの隣にあった芝生を走り回ってきました!!

犬306

バスケットコートを少し長く伸ばしたくらいの犬がダッシュするには十分すぎる広さがあって、しかも道路より2メートルほど下に降りた位置にあるので、リードを離しても安心な場所です。
犬が本気で走ったスピードにはとてもついていけないので、こんな風に自由に走らせてあげられるスペースは貴重です。

ミックス犬のほうは最近あまりダッシュをしていなかったので若干身体が重たそうな感じでしたがオモチャを使ったり、リードを引っ張って誘導してあげたところ、なんとか走るスイッチが入ってくれたので良かったです。

ミニチュア・ピンシャーは、何もせずとも全力で走り回ってくれましたww

今日は1時間半ほどかけて3キロの距離を歩いて、芝生では10分間くらいダッシュできる時間を作ってみました。


―まとめ―

運動好きな犬種を飼っていると、日々の運動不足に悩まされる飼い主さんも多いはず。

運動量が少ない犬種や平均的な犬の場合、30分程度のお散歩を1日に1~2回行けば十分です。
けれど愛犬の性格によっては、物足りなさを感じる子もいます。

我が家で飼っているミックス犬とミニチュア・ピンシャーはどちらも、運動好きな子達。
とくにミニピンの運動量の多さは身体のサイズに似合わないと有名です!

こういった運動好きの犬のために必要な運動量を確保するには、以下のような飼い主さんの努力が必要となります。

・散歩の時間30分を1時間に延長する。
・ボールを投げて取ってこさせるなど、運動になる遊びを増やす。
・犬に全力ダッシュできる時間を与える。
ドッグランに連れて行く。

こんな努力をしてあげられたら、愛犬も満足してくれると思います!

毎日1時間のお散歩を2回なんて習慣は飼い主さんの負担になることもありますが、時間に余裕がある日を見つけて愛犬の運動不足を解消する日を作ってあげられると良いですね。

我が家の2頭たちも、今夜はぐっすり眠ってくれる事と思います♪





というわけで、運動好きな愛犬に運動不足を解消させる方法をまとめてみました。

ではまた!

みつ