みつです。



ペットとして犬を飼いたいと思う人はきっと、沢山いる犬種の中からどの子がいかな?なんて考えていると思います。



犬のカタログ本を見てみると、色んな種類のワンコの特徴や性格について紹介されています。

とはいっても、実際に飼っている人の話を聞いてみるのが一番良いに決まってる!




そんなわけで、今回は私が飼っているミニチュアピンシャーについて紹介します!



この子は2015年の9月生まれ。

2016年5月の今、我が家にきてまだ半年程しか経っていません!!



まだまだ子犬のミニピンさんです( *´艸`)

ですので、生後8か月くらいまでの様子しか紹介できませんがどうぞ〈笑〉



ミニチュアピンシャ―は、ドイツ原産のネズミ駆除や番犬として活躍していた犬種です。



‟ミニチュア”という名のとおり、身体は小さめ。

イメージとしては、顔はミニチュアダックスフンド、身体をチワワをにした感じでしょうか。



ミニチュアピンシャーは物凄く元気です。
活発で、ジャンプ力もあります。



すでにうちの子はゲージを乗り越える勢いで飛び跳ねてます。。。




大阪のオレンジハウスという、ブリーダーさんが直接販売しているところで出会いました。

その時会わせていただいたミニピンたちの中で、一番元気だったのが彼です。
犬011

顔立ちとともに、The ミニチュアピンシャーっていうタイプ(^◇^)




見た目の愛くるしさと行動のギャップが激しく、あまり初心者向きじゃないかもですが、寂しがりやの甘えん坊で、憎めません。


ネズミ捕りをしていた歴史があるのも頷けるくらい、運動神経も抜群です。
お散歩はできるだけ時間をとって沢山運動させてあげるようにしましょう。


ちなみに運動神経にまつわる我が家のエピソード。
兄貴分のミックス犬とのおもちゃの取り合いにはほぼ全勝しています。

しかも負けるのは自分だけ距離遠いとか明らかに不利な状況だけwww



好奇心も旺盛なようで、見知らぬ人や犬に対してもガンガン攻めていきます。

大型犬にもあまり怯みませんでした。

まだまだお子様なので、あと半年経った大人の姿が楽しみです。

ちょっとは落ち着きが出るのかな?



ミニチュアピンシャーは短毛種なので、お手入れも楽チンです。

シャンプーも、洗面台が広めならお風呂場じゃなくてもそっちで済みます。

抜け毛の心配は、子犬から成犬になるまでの間に生え変わる成長期の間と、夏毛⇔冬毛の生え変わりの時期です。



この時期はどんな体毛の子でも抜け毛の量は尋常じゃありませんのでご注意を。

さすがのミニピンでも、抱っこしただけで毛だらけになります・・・|д゚)



短毛種の気を付けてほしいところは、寒さに弱い点。

我が家も真冬の時期にはエアコンを使用。
暖めすぎも身体の弱い子になっちゃうかなと思ったので、本人〈犬〉の様子を見ながら、目安として室温15℃を切ったら暖房を入れるようにしてました。

この子のために、100均で温度計購入しましたwww


ミニチュアピンシャーは大人になるにつれ、どんどん筋肉質な身体になっていくようです。
生後半年以上経過した今、胸や前足の付け根の筋肉がすでに細マッチョ気味です。


犬029

先日ドックランで見かけた成犬のミニピンは、胸からお腹にかけてのラインがすごく立派でした。




この子も将来ああなるのかな。。。



さて、一般的なミニチュアピンシャーの特徴と、我が家の話を融合させてみました。

身体は小さいけど、ビックリするほど活発で、運動好きの飼い主さんにはおすすめな子です♪

ペットショップでは少数派で、ちょっと珍しい犬種です。
参考になったらうれしいです(^_-)-☆



では!


みきこ