みつです。


最近、犬の大きさについて考えている私です。


020

犬って、小型犬・中型犬・大型犬とざっくり3つのパターンに分類されていますよね。

それぞれ何基準で分類されているのか、正直なところ素人にはよくわからない話。


とくに私が悩んでいたのは、犬の体重と大きさの感覚です。

体重で区別されても正直なところイメージが沸いてきません


3~4キロ〈㎏〉とかなら何となくペットボトル何本分みたいな想像できるけど、10キロ以上とかになってくると、その重さを自分が持つことが無いから具体的な感覚がわからないんですよね。


にもかかわらず身長何センチ〈㎝〉よりも、体重何キロ〈㎏〉で仕分けされている場合が多い印象を受けるので、見た目でわかりやすいようにセンチ〈㎝〉で表記した小型・中型・大型を知りたいなと思いました。


そんな経緯で今、この記事を書いてます( `ー´)ノ

大型犬とは。


今回は、大型犬の大きさ(センチ)についてまとめてみたいと思います。



読んで字のごとく、大きなワンコ。


例えばゴールデン・レトリーバーセント・バーナードなど。

セント・バーナードは、1992年に公開された映画「ベートー・ベン」の主役に抜擢されていた子と同じ犬種です!!

この映画、私超好きでした!

テレビで放映されたのをたまたま観たのをきっかけにセント・バーナードって犬種を知って、当時すごく憧れてたなぁ( *´艸`)


しかし、どちらもビッグサイズ。


ちなみにゴールデン・レトリーバーの身長は50~60センチ弱ほど。

そしてセント・バーナードは70~90センチほどだそうです。


セント・バーナードでかすぎるwww

あの常にぶら下がった頬の皮膚が何とも言えないブサカワ( *´艸`)

けどこの巨体、とても飼える気が致しませぬ。

身長165センチの私の感覚だと、ゴールデンは太もも~腰の位置くらいの高さです。

セント・バーナードに至っては、身体の半分を超えてきますね。
おへそのあたり、いや、ウエスト・・・?

我が家の小型犬たちと並べたら一発で潰されてしまいそうです(゚Д゚)

でも超大きなサイズの犬種と超小さい犬種がじゃれ合う姿、ちょっとだけ見てみたいです。

ミックス犬は臆病な性格なのでビビってしまいそうだけど、ミニチュアピンシャーの方はまず自分から向かっていきそうな気がします。

怖いもの知らず過ぎて、逆に飼い主が怖いレベル(;^ω^)


まとめ



ちょっと私の個人的な主観が入りすぎたのでこの辺で抑えときますが、大型犬をわかりやすくまとめると、



・身長50センチを優に超える大きさ。

・男性ならともかく、華奢な女性が抱っこするのにはちょっと無理なレベル。


すごくざっくりとですが、こんな感じでまとめてみます♪



大型犬は抱っこするより一緒に寝転んでお昼寝したいサイズ感ですね。

冬場とかめっちゃ暖かそうですね(*´ω`*)




ではまた♪


みつ