015



みつです。

まもなく本格的な冬がやってきます。
犬にとっても厳しい季節ですから、今のうちから対策をおさえておきましょう!


寒さに強い犬と弱い犬がいる

犬は犬種によって、寒さに強い犬と弱い犬がいます。


大きな違いは毛の質。

具体的には、シングルコートとダブルコートの差です。



シングルコートの犬種の体毛は1層しかなく、表面的にしか肌を守ることができないので気温の変化に対応するにはちょっと心もとない・・・。


我が家のミックス犬の両親である、トイ・プードルやパピヨン。
そしてミックス犬の弟分、ミニチュア・ピンシャーもシングルコートです。
%e7%8a%ac00011

他にも、
ヨークシャー・テリア(ダブルコートもいる)
イタリアン・グレーハウンド

これらの犬種もみんなシングルコートだそうです。

ダブルコートの犬種の体毛はオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2層構造になっています。
内側に潜んだアンダーコート(下毛)が防寒機能を備えていて、人間で言うコートのような役割♪

こんな理由から、アンダーコートを持っている犬種は寒さに強いといわれています。


ダブルコートの犬種で有名なのは、柴犬や秋田犬といった日本犬の類。
それから「ダブルコート」で検索すると、ゴールデン・レトリーバーの画像がヒットすることが多いです。

他にも、
シェットランド・シープドッグ
シベリアンハスキー
ミニチュア・シュナウザー
ボーダー・コリー


こういった犬種がダブルコートだそうですよ。


犬が寒がっている合図に気づくこと

犬が寒いと感じているときは、人間と同じような行動をとります。

・身体を小さくする。
・ベッドでこれでもかというほどに丸くなる。
・ブルブル震える。


こんな行動が見られたら、愛犬は寒いと感じているかも!!


そして気をつけたいのが、シングルコートだからめっちゃ寒がりとか、ダブルコートだから防寒は要らないなんていう考えは止めてましょう!

育つ環境によって冬の体感温度は異なるし、個体差もあるので体毛の質以外にも寒さに対する苦手意識っていうのは犬によって様々。

人間の勝手な憶測で寒がってる・寒がってないを判断せず、犬の行動を見て判断してあげてくださいね。


犬に必要な寒さ対策

さて犬の体毛について確認していったところで、肝心の犬の寒さ対策のお話です。


とくにシングルコートの場合、ダブルコートのようなアンダーコートが生えてこないので寒さに弱い傾向があります。


逆にダブルコートの場合は常に防寒具を身に纏っている状態なので、比較的寒さに強いと考えられています。
牧羊犬など外で過ごすことが多い犬や、極寒の雪国で生息してきた犬に多いみたい。

逆に、愛玩犬とか家の中などでネズミなど小型の小動物の狩猟犬として活躍してきた犬種は暖かい環境に恵まれてきたのでシングルコートの傾向が強いのでは?というのが私の見解です。



じゃあ寒さに弱いとされるシングルコートの犬種に必要な寒さ対策って具体的にどうしたらいいのか考えて見ましょう。

犬は人間のように服を着る習慣ていうのは、基本的にはありませんw
そうなると、防寒として必要になるのはサークル内で使うような寝具がメインとなります。

・起毛の犬用ベッド
・毛布やブランケット
・ペット用ホットカーペット


これらの暖をとることが出来るアイテムがあるとGOOD!
また、雪が多い地域などはエアコンを使うなどして部屋の空気を暖めるのも効果的です。

犬223


部屋に室温計を置いておくと、冬だけでなく夏場の室温管理にも便利ですよ~

犬132


まとめ

まもなく迫ってくる冬。
地域によってはすでに積雪しているところもありますが、日本列島の多くはこれから一気に寒くなりますよね。

寒さに強い犬、弱い犬。

愛犬の体毛の質と、身体そのものの質に適した防寒対策をとってあげてくださいね。



ではた!

みつ