みつです。

いつのまにかお盆終わっちゃった!!

さて、先日虫刺されでお顔と首がパンパンに腫れてしまったミックス犬のラルくんですが、すっかり元通りのスリムさんになりました♪

%e7%8a%ac424

後遺症なども残らず、ほんとうに良かったです。。。


猛暑日に犬を守るためには

犬は犬種によって暑さに強い子と弱い子がいます。
【室内犬の暑さ対策】冷房を使うor使わない境界線


しかし、今の日本の夏は連日のように猛暑日を記録していますよね。

今年は梅雨に振り損ねた雨がどかんどかん降ってるので、暑さだけでなく湿度も気になるところです。



我が家は2頭の室内犬を飼っていますが、彼らは暑さに強いような弱いような・・・非常に微妙なリアクションを取る子たち。

%e8%b5%b000806



日中のお散歩は避けるようにしていますが、それでも晴天時には朝の8時を過ぎればゼヘハァ言ってるので、相当暑いみたいです。

そういうときのお散歩はなるべく短い距離で、ダッシュして走らせることで運動量を稼ぎます!!



家の中で自分のサークルで過ごしているところを見る限り、わりと暑さには耐えられるのかなっていう印象を受けます。

だらけてはいるけど、クッションの上で丸まって寝たりする姿を見ていると「コイツ、強いな」って思いますw


室内環境の整え方

犬を飼っているお家ではこの時期、エアコンを使うお宅も多いと思います。

まだまだ日が長いですし、直射日光の刺激も強いので自宅の壁ごと暑くなるため、エアコンをつけたり消したりっていうよりかは一定の温度を保った状態で動かしっぱなしがおすすめです。

犬の場合、適正とされる室温は人間の体幹温度で言うと適正からやや高めに感じる、27~28℃と考えられています。
(28℃が丁度良いっていう感覚になりたい!!)



犬の身体の大きさや暑さへの耐久性によって、温度は前後します。

また同じ犬種でも個体差が出る場合もあるので、愛犬の感覚に合わせて温度設定を行ってください。

いつもより身を小さくしている場合には寒がっている可能性がありますし、四肢をだらしなく伸ばしている場合には暑がっている可能性が考えられます。


飼い主が在宅時の場合

飼い主さんが家に在宅している場合は、窓を開けて風通りを良くしてあげる事で暑さをしのぐ事ができる日もあります。

ただし、常に気温と湿度が把握できる状況を保ってくださいね。



飼い主さんが「暑い」と感じているときは、愛犬も同じように感じています。

そういうときは電気代の節約をしようと頑張らずに、便利なエアコンに頼って飼い主さんと愛犬の両方の体調を優先しましょう。


犬がお留守番をしている場合

家の中に愛犬だけを残して外出してしまう場合は、その日の温度と湿度によってはエアコンを使用することをおすすめします。

比較的涼しい日で、お留守番の時間が30分以内と短い場合にはエアコン無しでも良いと思いますが、なるべく早く帰宅してあげてください。

そして、帰宅したらすぐに窓を前回にして室内の温度を下げてあげましょう!!


お仕事をしている飼い主さんなど、朝から夕方まで家を留守にしてしまう場合には、潔くエアコンを使いましょう。

電気代は気になるとおもうけど、家に帰ったら愛犬が熱中症で倒れてた!なんて悲しすぎます・・・



エアコンを使用する場合は、上記で触れたように愛犬の身体に合わせた温度設定に合わせましょう。

寒すぎても暑すぎても、愛犬にとって悪い環境となってしまいます。


まとめ

大雨が続く日もあれば、今日のような猛暑日のときもあって今年は忙しいですね。

愛犬を室内で飼っている飼い主さんは、きっと毎日のように「今日はエアコンどうしよう」と悩んでいることだと思います。



1つの目安となるのは、飼い主さんが在宅しているか否か。

常にお家にいるのであれば、窓を開けたり扇風機を使って室内の気温を調整する事が出来ます。



もう1つの目安は、やはり気温です。

外の気温ではなく、室内の気温です!

窓を開けてもどうしようもない暑さの日は、エアコンを使用してください。

愛犬が留守番をする時間が1時間を超えるなど、窓を閉め切った状態にしなければならないときもまた、エアコンの使用をおすすめします。


毎日のこととなると電気代は気になると思いますが、愛犬の熱中症や体調不良を防ぐためには必要な事です。

飼い主の義務として、愛犬の環境を整えてあげてくださいね♪



ではまた。

みつ