犬030


みつです

犬を飼っている方は、きっと1つ2つ、あるいはもっとたくさん!

愛犬のためのオモチャを用意しているんじゃないかと思います。


オモチャの素材選び



私が思う、オモチャコーナーで最初に見るべきなのは、オモチャの素材です。

・布
・プラスチック
・シリコン
・木
・ロープ


私がペットショップやペット用品で見かける素材はこんな感じ。

いろんな素材がありますが、愛犬にとって一番ふさわしいものを選んであげるべきだと思います。


布と聞くと何??と思うかもしれませんが、ようはぬいぐるみ系です。

最近はディズニーツムツムなど、とってもファンシーなぬいぐるみが増えていますね♪



愛犬にふさわしい・ふさわしくないというのは、その子の性格要素が大きいです。



オモチャで安全に遊べること。

安全とは、オモチャを壊さない・誤飲しないということです。


誤飲のリスクを下げるためのオモチャ選び


例えば、噛み癖が強い子。

なんでも噛んでしまうタイプの子は、頑丈で誤って飲み込んでしまっても大丈夫な安全性の高い素材を選ぶべきです。

プラスチック系は消化されませんので、犬が自ら吐き出さないかぎり一生胃の中に留まり続けます。

ですからこういう子には、すぐ噛み千切れてしまうシリコンやプラスチックは避けるべきかと思います。



噛み癖があっても、

・飼い主さんと遊ぶ間だけとかある一定の時間しか遊ばない、
・噛ませない


といった状況で遊ばせるんであれば、こういった素材でも大丈夫です。
ただし、やはり誤飲してしまわないように十分に注意して愛犬を見ている必要があります。


逆に、オモチャを噛むのが大好きな子には硬い素材のものがお勧めです。

ペット用品で一番良く見かけるのは、木で出来たオモチャです。

塗装を施されていないものが多く、100%木製なら完全に自然素材なので、愛犬が食べてしまっても胃の中に残ってしまうトラブルが防げます。

硬すぎても駄目なの?



これは噂で聞いた話ですが、堅い素材のオモチャを与えていると犬の歯が弱くなるらしいです。

ずっと硬いものを噛んでいると、顎や歯に負荷がかかり、弱ってしまうというもの。



この話、嘘か本当かというのは正直どちらでもよくて。

同じオモチャをずっと噛み続けていたら、どんなに強靭な顎を持っていたって、いずれは疲れると思いませんか?

何事も加減が大事なので、あまりに1つのオモチャに夢中になりすぎてもどうかなというのが個人的な意見です。

メリハリをつけて、


オモチャで遊ぶ時間、
飼い主とスキンシップをはかる時間、
ハウスの中で一人で過ごす時間、



みたいな感じで、オモチャで遊ぶ時間には、制限をかけていいんじゃないかと思います。

 

お留守番のときは与えたままで良いと思いますけどね!

ほんとに家に愛犬しかいないときには、暇つぶし心細さを軽減するためにもオモチャは傍においてあげたほうが良いと思います。


まとめ


今回は、犬が食べても安全なオモチャについて考えてみました。



オモチャ選びは、素材から!

犬が食べても安全な素材が最も安心できる。

シリコンやプラスチックといった合成樹脂などは、体内で消化されません。

犬が自分で吐き出さない限り、身体に残ってしまいます。

噛み癖が強い子には、100%木で出来たものが最もお勧めしたい!

ただし、顎への負担を考えて遊ばせる時間は制限しても良いと思います。

・オモチャで遊ぶ時間、
・飼い主とスキンシップをはかる時間、
・ハウスの中で一人で過ごす時間、


メリハリをつけて、飼い主さんとの時間もちゃんと確保してあげましょう♪



というわけで、愛犬のオモチャ選びのポイントについてまとめてみました。



ではまた!



みつ