犬030


みつです。

犬と一緒に生活している方は飼い犬の登録をしてますか?

また、毎年狂犬病予防注射っていうものを愛犬に受けさせていますか?


もしこの2つの片方でも「したことないけど」っていう方、早急に申請してください!!!!


飼い犬の登録を申請しよう

飼い犬の登録とは、お住まいの市町村に「この犬には飼い主がいます」って申請すること。

飼い主の義務であり、人間で言う出生届みたいなもの。

ようこそ我が家へ!的なヤツです(*´з`)



飼い犬の登録をすると、犬鑑札がもらえます。
犬137
犬が一生に1度だけ受け取るものなので、飼い犬登録の申請は一頭につき1回だけです。



ただし引っ越し、譲渡または里親に出すなど所在地・所有者等の変更がある際には届出が必要になります。

飼い主の義務ってことで、紛失した際にも再交付の届け出が必要です。
1600円ほどかかるので、無くさないようにしましょう。

届出の窓口は保健センター・動物愛護センター・市役所など市町村によって受付場所が異なりますので、ホームページなどで調べましょう。


申請する場所と手順

新規での飼い犬登録の申請は簡単なので、場所や手順が分からないという人でも大丈夫!


まず申請場所ですが、基本は所在地・所有者等の変更と同じく各市町村で定められた窓口です。

申請の手順としては必要書類を記入し、登録手数料3,000円を払います。

私が住んでる三重県いなべ市の場合、市のホームページから“犬の登録 狂犬病予防注射済票交付申請書”をダウンロード、印刷できるようになっています。

WordとPDFの2種類のデータ選べるという、地味な手厚さ。。。

そして、もっと簡単で手っ取り早い方法は動物病院に行く事です。

以下のようなメリットもあります。

■役所の窓口に行かなくていい
■病院側で申請手続きをしてくれる
■申請ついでに犬の健康チェックが出来る
■その場で狂犬病予防注射が受けられる
■登録に必要な料金は変わらない

※狂犬病予防注射は各市町村に委託された動物病院に限られます。



動物病院なら土曜日とか平日でも夜遅くまで診察してくれているところもあります。

犬に病気が潜んでいないか、健康状態に問題が無いかなどのチェックができるのも動物病院の魅力ですね。

飼い犬の登録は狂犬病予防が必要な犬の頭数を管理するシステムを兼ねています。

よって飼い主登録をすると、毎年3月頃に狂犬病予防注射の案内ハガキが届くようになりますから、うっかり忘れてしまうのも防げます。

犬031

狂犬病予防接種の料金は市町村によって異なるみたいです。
三重県いなべ市は注射メダル込みで1頭につき3,200円。


冬から春先にかけて犬を迎え入れた際にはタイミング的にも丁度良いので、飼い犬登録の申請と狂犬病予防注射をセットで済ませてしまうのがおすすめです。

我が家の2頭目のシエルくんも、先住犬の狂犬病予防注射と同時に5月に動物病院で申請していただきました。

犬013


ちなみに、市町村によって犬鑑札と狂犬病予防接種を受けた証の注射メダルのデザインが違うみたいです。

材質は犬鑑札はステンレス、注射メダルはアルミニウムが多いみたいですよ。(厚生労働省ホームページより)

ちなみに犬鑑札と注射メダルは飼い犬に装着させるところまでが義務らしいので、皆さん守りましょー ←棒読み


まとめ

飼い犬の登録は、1頭につき1回申請するもので、所在地・所有者等の変更の際には届出が必要!

申請する場所は、各市町村で定められた窓口または動物病院

飼い犬の登録申請の手順は、窓口なら必要書類を提出し、動物病院の場合には案内に従って進めます!

料金は、新規の場合3,000円です。

動物病院は土曜日でも行ける、狂犬病予防注射が同時に受けられる等のメリットがありますが、診察料などの別料金も発生してしまうので、待ち時間が短くて最低限の費用で済ませたいなら窓口が良いですよ。



その他、金額や犬鑑札・注射メダルのデザインは市町村によって異なります。
紛失時には再交付として1600円が必要となります。



犬鑑札と注射メダルのデザインは厚生労働省のホームページで一覧が見られるので、興味がある方はチェックしてみてください。

市町村によって可愛いデザインもあって、羨ましかったww

犬の鑑札、注射済票について(厚生労働省ホームページより引用)



では!

みつ