%e7%8a%ac379

みつです。
今日も日本列島の多くは台風16号の影響を受けていますね~
さっさと落ち着いてほしいものです。


―誰でも知ってる犬の芸とは―

犬の芸といえば、「おすわり」や「待て」が定番ですね。
他にも「お手・おかわり」、サークルへ帰る「ハウス」、地面に寝転ぶ「ゴロン」など、いろんな芸が知られています。

もっと芸達者な犬になると、郵便受けから新聞を運ぶといった飼い主さんの‟おつかい”なども出来てしまうようですね!

さて、こんな感じで語りだせばキリがない犬の芸。

誰でも知っているものとなると、
・おすわり
・お手、おかわり
・待て
この3つが何よりも最強だと思います。


―役に立つ芸とは?ハウスも覚えさせよう―

定番の「おすわり」、「お手・おかわり」、「待て」の3つは、犬と言えばコレかな…という感じで覚えさせている方が圧倒的に多いと思います。
これらが定番になっている理由はわかりませんが、私も昔から‟犬と言えば”みたいな固定概念が働いて、とりあえずこの3つだけは自分の愛犬に覚えさせたいなって考えていましたww

犬の芸は、飼い主の指導のもと行われる、しつけの1つです。
飼い主と犬との間に信頼関係主従関係が出来て初めて成功する芸。

トイレのトレーニングだって、決められた場所がある事を学習させる、いわば芸のようなもの。
合図で排泄を促す場合はとくに芸っぽさが際立ちますね!!

このように、芸をうまく利用できれば愛犬の管理にとっても役に立つのです。
定番の3つの芸だってそうです!


まずは「おすわり」から。
これは犬を落ち着かせるため効果的です。
吠え続けている時や動き回ってじっとしていられない時などに使えます。

次に、「お手・おかわり」
遊んでいるだけのようにも見えますが、意外と奥が深い芸です。
昔、我が家のミックス犬がよくやっていたのですが、「お手」と「おかわり」を一連の流れで覚えてしまっていました。

分かりやすく言うと、飼い主が「お手」としか言っていないのに、自分から次の動きである「おかわり」をしてしまうのです。
これの何が問題なのかといいますと、飼い主の指示を忠実に従えていないこと。

「おかわり」をフライングでしてしまうわけですから、飼い主指示に従っているようで実は自分の意思で動いていますよね。
また、飼い主的には別々の指示をしているわけですから、「お手」と言っただけで「おかわり」までされてしまっては、芸として成り立っていません。

飼い主からの指示が細かくても正確に、そして従順に行動してもらう為にもってこいなトレーニングなのです。

3つ目の「待て」ですが、これは犬を制止させるために必要不可欠です。
「おすわり」と同様に犬を落ち着かせるために効果的な芸ですが、「待て」になると我慢させる時間が発生します。
嬉しい、あるいは興奮した時に、とっさに人や物に飛びかかるといった感情の高ぶりから出る行動などを制御できるようになります。


以上3つに加えてもう一つ!
愛犬に自分からサークルへ戻ってもらうための「ハウス」をおぼえさせることを強くお勧めします!

興奮しているとき、
サークル以外の場所でトイレに失敗してしまったとき、
お客さんが来るとき、
遊びの時間が終了したとき、

上記のような、そろそろサークルに戻ってほしいんだけど…というタイミングのときに、飼い主さんが無理やりサークルへ運ばなくても、愛犬が自分からサークルへ戻ってくれたら、とっても楽じゃありませんか?

自分の指示で愛犬が動いてくれるのも、なかなかの快感です( *´艸`)


―簡単に覚えさせられる―

新聞を取ってくるなんて高度な芸はそれなりに難しいと思いますが、今回紹介した3つの芸と「ハウス」は、初心者の飼い主さんでも簡単にトレーニングすることが出来ます。
どの芸も犬が自然に行う動きの中で出来るものですから、あとはタイミング声かけ(合図)を合わせて仕込んでいくだけ。

たとえば「おすわり」ならこんな感じ。
・お尻をついて座った体制になったときに「おすわり」と声をかける。
・4本足で立っているところのお尻に手を置いて座らせ、その際に「おすわり」と声をかける。

上手く出来た時に褒めることで、「おすわり」という行動を‟褒めてもらえる行動”と学習します。
おやつを使って褒めてあげると学習率も上がりますよ。


―まとめ―

・おすわり
・お手、おかわり
・待て

誰でも知っている犬の芸といえば、この3つが何よりも最強だと思います。
これらが定番になっている理由はわかりませんが、私も昔からこの3つだけは自分の愛犬に覚えさせたいなって考えていましたww

犬の芸は、飼い主と犬との間に信頼関係や主従関係が出来て初めて成功する。
そして芸をうまく利用できれば愛犬の管理にとっても役に立つ!

定番の3つの他に、、自分からサークルへ戻る「ハウス」もお勧め。


というわけで、簡単&役に立つ犬の芸についてまとめてみました♪

ではまた。

みつ