みつです。

最近、我が家の室内犬たちの無駄吠え対策のトレーニングを始めました。

お客様が来た時とか、家族が帰ってきた瞬間とか、どうしても吠えてしまうのですよね。
インターホンの音とか最悪で、今まで中々上手くいかなかったんですが、最近始めたトレーニングが効果覿面だったのでご紹介したいと思います!

無駄吠え対策に効果的な技は・・・ずばり、穴倉生活!!
犬043

狭いハウス

最近我が家が実践しているのが、狭いハウスで過ごさせるトレーニングです。

どちらかというと、狭いハウスに自分から入ってもらうトレーニングと言うべきでしょうか。



何しろ今までが広すぎるゲージで生活してきた犬たちなので・・・
走01087

いきなりこのサイズに入れっていうのは、広い空間に慣れてしまった犬たちはとっても嫌がります。



具体的にどんな手を使うかと言うと、オヤツの誘惑ですw
キーワードは、成功体験(心理学用語で「正の強化」)。

この成功体験を繰り返すことによって、負の強化失敗体験、強いストレス)から解放されるという仕組み。

今回の場合、「狭いハウスに入る=嫌なこと」から「狭いゲージに入る=オヤツが貰える⇒良い事がある!」という経験を重ねて、2頭とも自分から進んで狭いハウスに入るようになる。っていうのが最終目標です。


この狭いハウス作戦から今日で7日目なんですけど、今日は写真を撮るために1人でハウスを見つめてただけなのに、先住犬のラルくんが自分の意思で入ってくれました♪♪♪
犬043

後輩犬のシエルくんは、残念ながらまだオヤツの誘惑が必要なようです。
犬043303


犬は穴倉生活に安心する

犬は野生動物時代、穴倉生活をしていたそうです。
狭くて暗い穴倉は身を潜めるのに適していて、静かに眠ることが出来る安息の地ってわけですね。

現代でもよく言われるのが、犬は1日に16~18時間は寝ているという話。
犬を飼ってる愛犬家さんたちでもご存知の方が多い情報だと思います。

この情報から考えると、ペットとして飼われる犬は散歩や食事の時間以外はずーっと寝ていると言って良いでしょう。

つまり、1日の16~18時間を安心して眠れるような環境を整えてあげた方が良いのではないかという事。

そんな流れで、彼らのご先祖様が穴倉生活をしていたのを見習って、我が家では小さなハウスで過ごさせるトレーニングを始めたわけです。


効果は抜群だった

実際にこの穴倉生活もとい狭いハウスで過ごさせるトレーニングを始めてから、無駄吠えが一気に減りました!!

犬044

とくに先住犬は物凄く安心感があったみたいで、唸り声やら怒りの無駄吠えなども全く出ませんでした。

あれだけ吠えまくってたインターホンの音にも、ほぼ反応なしです!!!

これは凄い!!!
穴倉効果マジですごい!!!


いきなり狭い空間で長時間過ごすなんて、ストレスになるかな??なんて心配もありましたが、もともとビビりな性格の犬には非常に有効のようです。

むしろ、もっと早く実践してあげればよかったとさえ思えるくらい、穏やかに過ごしてくれています♪

まとめ

我が家の室内犬たちの無駄吠え対策のトレーニングとして、穴倉生活ならぬ狭いハウスで過ごさせるトレーニングを始めてみました。

すると、効果てきめん!!!

大人しく、ビビりな性格な先住犬とは非常に相性が良く、とても穏やかな毎日を過ごせているようです。
暴れん坊な性格の犬の場合は少し時間が必要みたいですが、それでも無駄吠えが一気に減る効果は間違いなくありました!!

愛犬の無駄吠えに悩む飼い主の皆さま。

ぜひご検討してみてはいかがでしょうか^^



みつ




今回登場した商品


ペティオ 2ドア スマイルキャリーMサイズはこちら