%e7%8a%ac365

みつです。

ミニチュア・ピンシャーは活発で勇敢な性格の持ち主で、ちょっと困った行動を持っています。
それは、遊びの中で物を壊してしまう破壊行動です。

ミニチュア・ピンシャーのような噛みたい衝動が強い犬種をパートナーに選ぶには、この破壊行動に悩みを抱える人も多いはず。
我が家の例を紹介しつつ、一緒に対策を考えていけたらいいなぁと思います。

―お気に入りのオモチャを破壊―

もともと、兄貴分のミックス犬が気に入っていたドーナツの形のオモチャ(音が鳴るスクィーカーつき)でしたが、弟分のミニチュア・ピンシャーも気に入ってしまいました。
兄貴から横取りしてまで遊びたがるほど執着していましたが先日、ついに完全に壊れてしまいました。。。

スクィーカーの命であった空気穴が悲惨な事に。
もっとも、誤飲を防ぐために最後にちぎったのは私なのですけれどもw

ここはプラスチックがついていて、噛み心地が良かったみたい。
全体はシリコンゴムの素材で出来ていたので柔らかく、もともと適度な反発力のあるオモチャでした。

ちぎった部分を狙って噛みに来るところがまた貪欲ですよねぇ。。。
%e7%8a%ac364


―ミニチュア・ピンシャーが噛みたがるもの―

愛犬の問題行動の一つである破壊行動とは、言葉の通りお家にあるや愛犬のオモチャを破壊してしまう行為です。

祖先が狩猟として活躍してきた犬種は、活発な性格噛む力が強いといった特徴を受け継いでいる子が多いです。
我が家のミニチュア・ピンシャーを見ている限り、「壊したい」という衝動があるわけではなく、遊びの延長の末に、破壊してしまうようです。

犬にとっては噛むことが、遊びになるのです。
彼の破壊行動の犠牲になるのは硬いもの、噛み心地が良いものばかり。

具体的には、
・プラスチック、
・シリコン、
・丸めた靴下、
・カバンの取っ手、
・服の紐など。

プラスチックやシリコン素材は、オモチャの素材でもよくありますね。
我が家では家具を噛まれることはありませんが、洗濯物を置いておくと靴下や手袋などをオモチャにして、気づけば噛んでるなんてことがよくあります。
布製でも、紐の先やカバンの取っ手部分など硬い部分があると、標的となることがあります。


―破壊行動への対策!!―

まず、噛まれて困るものは愛犬の目に届かないところに隠しておきましょう。

靴下などの服は、
洗濯カゴ→をする、部屋を区切り犬が近づけないようにする。
洗濯済→愛犬に見つかる前に速やかに片づける。

カバンなどは椅子の上など、愛犬の視界よりも高い位置に置いて目立たなくするだけで防ぐことが出来ます。

噛まれても大丈夫だけど壊されたら困るオモチャの場合、なるべく頑丈なものを選ぶことが重要です。
そして、なるべく物持ちが良くなるように制限をかけられると良いです。
・時間で区切る、
・噛む力が強くなってきたら回収する、といった感じ。

なかなか回収できない場合はエサを与える、遊び→トレーニングへなど、時間を切り替える手段を使うと犬に隙が出ます。
オモチャから気が紛れている間に、機嫌を損ねず回収出来ちゃう♪


―噛む力が強いミニチュア・ピンシャーに合わせたオモチャとは?―

噛む力が強い犬種のオモチャ選びのコツは、破壊と誤飲の可能性を考えることです。

・なるべく頑丈な素材
・食べてしまっても安心な素材

この2つを頭に置いて、ペットグッズを探しに行きましょう。

ちなみに、我が家が経験上NGだったオモチャのは以下です。

ゴム・シリコン性のもの→噛み千切り、そのまま食べてしまうことが多い。
テニスボールの部分を剥がして食べてました。
プラスチック→サイズや形状にもよるが、徐々に削れていくので徐々に食べられているのは確か。
香りつき→チキンやミルク等美味しそうな香りだと完全に食べ物だと認識してしまい、噛む力が一層強くなる。長く使えない(食べてしまうから)。


逆に、良かったなと思ったのは「噛む力が強い子用」とアピールされた物。

強い力で噛むよう想定されてるだけに、とても丈夫です。
シリコンのボールが10分程度でボロボロになるのに対して、同じ時間遊ばせても軽く傷がつく程度!!


―まとめ―

イタズラよりも厄介!遊びの中で物を壊してしまう破壊行動
我が家のミニチュア・ピンシャーを見ている限り、「壊したい」という衝動があるわけではなく、遊びの延長の末に、破壊してしまうようです。

彼の破壊行動の犠牲になるのは、以下のような硬いもの噛み心地が良いものばかり。

・プラスチック、
・シリコン、
・丸めた靴下、
・カバンの取っ手、
・服の紐、

対策として最も有効なのは、噛まれて困るものは愛犬の目に届かないところに隠してしまうこと!

最後に、噛む力が強い犬種のオモチャ選びのコツは、破壊と誤飲の可能性を考えること。

・なるべく頑丈な素材
・食べてしまっても安心な素材

この2つを頭に置いて、ペットグッズを探しに行きましょう。


ではまた!

みつ