みつです。


犬213


今回はペットホテルを利用した感想についてまとめてみます。



私たち夫婦が利用したことあるペットホテルは最初に、利用経験のあるペットサロン

次に今回利用した、かかりつけの動物病院

それぞれ1度ずつ利用したので、トータルで2回の経験です。



兄貴分のミックス犬は両方経験しているけれど、弟分のミニチュアピンシャーは今回初めてのお泊りでした。

しかも、2泊!!

毎日一緒に過ごしているだけに、きっと彼らにとっては長い長い2日間だったのではないでしょうか。


ペットホテルを利用した経緯


ペットを飼うものとして、たとえ1晩でも犬をほったらかしにするのは罪悪感があります。

寂しい思いをしていないかな、エサやお水は足りているかな、とか色々考えます。

本来、旅行にしてもどこへ行くにしても一緒に連れて行きたい気持ちはあります。

けれど長時間の移動とか、犬を連れて入るのが難しい所へ用事があるとか、そういう事情があると連れて行くことが困難なんです。


そして何よりも一緒に遠出するのが難しい理由があります。
それは、犬も車酔いをするからです(;´Д`)



弟分のミニピンは強そうですが、兄貴分のミックス犬は特に食事の後で車に乗せると30分くらいでゲロゲロしてしまいます。

そんな子に片道2時間半とかは、苦痛だろうっていう判断。


移動用ゲージで安定して座って要られればまだ良いのかもしれませんが、残念ながらミックス犬にはそもそもゲージがありません。

割と早い段階で、主人が諦めてしまったみたい。(当時、私たちは結婚どころか知り合って間もない頃)


そんな飼い主側の事情もあって、今回はホテルに預けることをお願いしました。
1頭だけ連れて行くのも残された方が不憫なので、2頭とも。


預かってくれる間のお世話


私が見たことあるペットホテルは、みんな1日2回のお散歩へ連れて行ってくれます。

天候によってはお散歩が難しくなる場合もあるそうですが、それは普段の生活でも同じことです。



フードも、1日2回与えてくれます。

ペットサロンの時は持参していく決まりだったので、1食分ずつ小分けして持って行きました。


今回の動物病院では、フードはあちらにお願いできたのでお任せしました。

アレルギーとか、食事に対して注意しているペットの場合は自分で持参することも出来ます!



もちろんお水の確保や、トイレのお世話もしてくれます。


ペットサロンにしても動物病院にしても、動物に慣れたスタッフさんばかりなので愛情をもってペットに接してくださいます。

とはいえ、沢山の動物を管理する立場ですから、24時間常に見てもらえるわけではありません。



ただ、何か問題が見つかった時には必ず知らせてくれます

具合が悪くなったとか、怪我をしたとかそういうの。


今回、ストレスで暴れまくってミックス犬がお鼻を怪我してしまったんですが、診察室で丁寧に経緯の説明とお詫び、それから今後の対応についてお話してくれました。


犬214

気を紛らわせるためのオモチャも用意できなかった私たち夫婦にも落ち度があるので、いろいろと反省です。

見た目可哀想だけど、当の本人(犬)は何ともなさそうにしていたのでちょっと安心(;^ω^)




おわりに



というわけで、今回は実際にペットホテルを利用して感じたことを紹介してみました。



病む負えない事情でペットと一緒にいられない期間、飼い主さんの代わりにお世話をしてくれるペットホテルはとても有り難いです。

今回の我が家のように、ちょっとしたトラブルが起きることもあるけど、ペットは生き物ですし、お世話をして下れる方も人間です。

大きなトラブルだけは避けられるよう、安心して預けられるところが良いですね。

私たちは動物病院で預かっていただいたので、早い段階で傷が大きくならないよう対処してもらえました。



今後また暴れないか不安なっちゃいますけど。。。
それでも、きっとお任せしたくなる時はあると思います。

というわけで、我が家の一例を紹介させてもらいました。

ではまた(^_-)-☆





みつ